Lingua Italiana Japanese Language English LanguageGerman Language Français

FaceMOUSE: Innovative Assistive device for Cerebral Palsy

  Since 2004, when he achieved his degree in Informatics Engineering, Simone Soria is involved in developing innovative mouse assistive devices, in particolar FaceMOUSE Technology, which is an assistive device for cerebral palsy and other disabilities. FaceMOUSE was born from actual life experiences of Eng. Soria and from day to day challenges he faces for himself and the people he helps. Working at high levels of customization on the specific needs, FaceMOUSE and A.I.D.A.’s staff are at the forefront of innovation in the field of mouse assistive devices. The work of customization is the result of a thorough evaluation of the motorial and intellectual capabilities of the person, performed by Eng. Soria and A.I.D.A no-profit organization.

Our value is to be found in our experience and in the people we help.

2 thoughts on “FaceMOUSE: Innovative Assistive device for Cerebral Palsy

  1. Masahiko Mizuno

    初めまして。私は水野と申します。
    今回、インターネットで肢体不自由な方でもパソコン操作ができる方法がないか探していたところ、FaceMOUSEの記事を見つけました。

    わたしの友人で肢体不自由の方がおられます。
    今までパソコンを何とか扱いながら手紙を書いたり本を読んだり、さらにはSkypeなどしながら積極的に活動してきました。
    しかし、一年ほど前から徐々にベットにいる時間が長くなり始めました。
    ベットの上でも、パソコンを使って勉強したり友達とコミュニケーションをとったりしたい、でもパソコン操作には限界があると悩んでいたところ、御社のFaceMOUSEの記事を見つけました。
    ちょうどパソコンも不調で買い替えを検討しています。
    それでFaceMOUSEの動作環境などの情報を教えていただけたらと思いました。
    詳しい情報をメールしていただけたら幸いです。
    お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願い致します。

    水野昌彦

    1. soriasimone Post author

      水野昌彦様
      ご連絡を頂きありがとうございます。
      フェイスマウスはウインドウズのパソコンでCPUがインテルのもの(AMDではない)USBの差込口が二つあるものに適応致します。
      お友達は体のどこか一部が動きますでしょうか。頭部は動きますでしょうか。
      またご連絡を頂けたらと思います。
      宜しくどうぞお願い致します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

     

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>